スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国境でのあれこれ

【 シリア ・ ダマスカス 】


11/7(土)

イスラエルから、アンマンへ戻り
次は、シリアです。


アンマンのバスターミナルのムジャンマ・アブダリより出発。
このムジャンマ・アブダリから、セルビスもたくさん出てるみたいで
歩いてると、「ダマスカス?タクシー?」とたくさん声がかけられます。
私たちは、泊まっていたホテルで手配をお願いし、セルビス(といっても普通の乗用車)で
行くことにしました。
料金は一人10JD ※ムジャンマ・アブダリからシリア・ダマスカスの中心マルジェ広場まで。
国境でビザ取得に時間がかかっても絶対に私たちを置いて行かないと約束をする。
(はじめは20JDと言われた。交渉次第でもう少し安くなるかもです)
乗客は私たちと、ヨルダン人のばあちゃん一人と同じくヨルダン人のおじさん(小説家なんだとか)
一人とドライバー計5人で11:00過ぎに出発。

シャーベル国境
※情報によるとラマス~ダラー国境は、ビザを持っていないと厳しいらしい。
特に問題なくヨルダンの出国手続きが済み、
12:45 シリアの入国オフィスに入る。
ビザがないと言うと、係員に
「ビザがないなら、入国はできない。アイム ソーリ~~♪」
とリズミカルに言われる。
今思えば、とりあえず言ってみただけだと思う。
どのくらい滞在するのか?など2~3質問され、待たされる。
少しして、48時間のトランジットビザならOKと言われるが
いや、私たちは7日滞在したいから、トランジットではなくツーリストビザが欲しいと答える。
また待たされる。
国境に向かう途中、セルビスのドライバーと小説家は、
私たちに早くビザが発給されるように手伝ってあげると言っていて
一体、何をどう手伝う気だろうと思っていたんだけど
何度も係員に、あれやこれやと話しかけていた。(手伝ってくれたのか??)
13:15 無事にツーリストビザ取得 (ビザ代US$24)
公式では、国境ではビザは発給しないとなっているが、実際はほぼ発給される。
すんなり発給してくれない(あれこれ難クセつけてくる)が
そういうマニュアルでもあるのではないかと思う。

ドライバー、小説家、おばあちゃんは約束通り
私たちがビザ発給されるまで、待ってくれた。(ドライバーはちょっとイライラしてたように見えたが・・)
30分も待たせて、すみませんでした。

15:00ごろ ダマスカスのマルジェ広場より約7Km手前で
セルビスはここまで。マルジェ広場までは自分でタクシーで行けと言われる。
ドライバーにマルジェ広場まで行ってくれる約束だろ!と文句を言うが
そこまでは行けないとなんやらかんやら理由を言ってたが、よくわからん。
小説家もそこで降りて、タクシーを拾ってたので、私たちも諦めてセルビスを降りた。
降ろされたところにたむろしているシリアのタクシードライバーの客引きは
マルジェ広場まで300SPだと言ってたが、無視をして、流しのタクシーで
100SP(これも、もうすこし安く行けるかも)でマルジェ広場まで行ってもらった。



帰りのダマスカスからアンマンへは、
ダマスカスのバスターミナルのガラージュ・ソマリエから国際バスを利用する。
時間は朝8:00と15:00の一日2本とガイドブックには書いてあるが
私たちが乗ったバスは14:30出発の便だった。
アンマンのムジャンマ・アブダリ到着で料金は一人500SP
ガラージュソマリエからもアンマンまでのセルビス(600~700SP)がたくさん出ていた。
バスよりセルビスのほうが乗客が少ない分、国境での待ち時間が短く、
早くアンマンへ着くと思う。
シャーベル国境
シリア出国時に出国税500SPを払う。シリア側の国境には両替所もATMもないので
この出国税を用意していないと困ることになる。
そして、私たちは用意していなかった。でもなんとかなると思っていたら、
やっぱり何とかなって、US$で支払った。(もちろんレートはめちゃめちゃ悪い・・)
シリア出国、ヨルダン入国、問題なく完了。
ただ、バスの乗客が全員そろって出発なので、少しだらだら時間がかかった。
アンマンまで長くて4時間で着くと聞いてたが、アンマンに着いたのは19:30
なんと5時間もかかった。


シリア観光のブログはまた後ほど♪

>夢追人さん

イスラエル、シリアからヨルダンへ再入国する際ですが
特に何の問題もなく、入国できます。
ビザ取得の為の手続きなども不要です。

私たちは、はじめに空路でヨルダンへ入国した際に
手続きなし・無料で1ヶ月のアライバルビザが下りました。
そのビザで再入国となっているのか、
イスラエル、シリアから陸路でヨルダンに入る度に
アライバルビザが下りてるのか不明ですが、
ヨルダンへ入国する時はいつも、
係員に何も質問をされることもなく時間がかかることもなく、
簡単に入国できました。
これは、私たちだけではなく皆そうみたいです。

あと、シリアに入国した後でも
イスラエルには入国できるはずです。
もしかするとイスラエル入国時の少々うるさい質問事項が
増える可能性はあるかもしれませんが、
”入国できなかった”という情報は聞いたことがないので
大丈夫だと思います。

私はイスラエル、シリアの入国係員の慣れてる対応を見て、
なんだかんだ質問はするけど、よっぽどのことがない限り
入国拒否をするということはないんだろうなと思いました。

ただ、入国条件等は日々変わる可能性があるようです。
もし心配であれば、情報ノートがあるヨルダンの宿に宿泊して
近況を確認をしてから、出発されるといいかなと思います。

あ、それと
イスラエル、シリアへ行く時は、ヨルダンで両替をしていった方が
いいですよ。ヨルダンのほうがレートがいいとよく聞きます。
私たちはレートまでは細かく確認してませんが、
イスラエルとシリアの国境には両替所がないので、
セルビスを乗るときや、出国の際の出国税を払う時に困るかと思います。

あともう一つ。夢追人さんには重要な情報かも(笑)
どこでもビールは案外、簡単に手に入りますよ♪
(モロッコが一番手に入りにくかった。。。)
酒屋があるので、100円~200円くらいで缶ビールを
買えます。ヨルダンでは休日の金曜でも酒屋が開いてます。
一日の疲れを現地ビールで癒して下さいませ。

また、質問があればどんどんして下さい。
参考になることがあれば嬉しいです。

では、素敵な旅を!

あ!旦那は、浜松出身です。

非常に分かりやすい情報、有難うございました。
あまり自信はないけど、どうにかなるか精神で行ってみます。
シリアからヨルダンへの再入国について、
ヨルダンビザの再取得の必要はないのですか?

又、エルサレムからキングフセイン橋でアンマンに再入国したと思いますが、
これもヨルダンのビザの再取得は不要なのですか?
何も問題なくヨルダンに入れましたか?

パスポ-トにシリアのスタンプがあっても、
イスラエルに入国出来るのでしょうか?
その逆は出来ないと思いますが・・

色々質問してすみません。

そう言えば旦那さんは長野県出身ではなかったですか、
(人違いかもしれないけど)
旅もいいけど、山登りも楽しいですよ。

それでは、よい旅を!
非公開コメント

プロフィール

mayumiza

Author:mayumiza
ただ今大好きな旅行はお休みし、昨年12月に誕生した
可愛い娘と過ごす何気ない毎日を満喫中☆
初めての育児に奮闘しながら、楽しい日々を送ってまーす。

FC2カウンター
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。