スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここはどこ?!

【 韓国 ・ ソウル 】


3/19(金)
無事にソウルへ到着。
上海からソウルへ飛行機で約2時間。あっという間やった。
韓国は、中国との時差が1時間で、日本との時差はなし。
いよいよ、日本時間に時計をあわしてしまった。
もう、帰ってきたようなもんやなぁ。

残念ながら、天気が悪くて空一面曇ってる。
雨じゃないだけ、ええかな。
思ったより、寒くないし。

韓国のガイドブックや地図を持ってなくても、
ソウルでは明洞、東大門辺り、釜山でも中心地くらいしか
行く予定もないし、特に困らんやろーって思ってたけど、、
その通り。
空港のインフォメーションで、こんなものがズラリと並んでた。

P1100808-1.jpg

すべて日本語で書かれた立派な地図や冊子。
しかも、かなり見やすい!
こんなものが簡単に手に入ってしまうと、拍子抜けしてしまう。
空港から市内へ行くバスは、便数も多くてちょっとややこしいやろ~っと
思ったのに、看板はすべて日本語で書かれてあるもんやから、
一つも悩むことなく、不安になることなく、バスに乗れてしまった。
バスが停留所に着く度に、日本語で「次は○○に到着します」と
アナウンスが流れるから、迷うことなく目的地に下りることもできてしまう。
う~~ん、何やろこれ‥。

ネットで予約しておいた宿までの道のりも簡単やった。
バス停に着いてから電話をしたら、車でピックアップに来てくれるらしいけど、
公衆電話を使う小銭がなかったし、歩いても5分くらいの距離やったから、
自分達で歩いて宿まで行くとこにしてんけど、
宿に着いたら、”車で迎えに行ったのになんでわざわざ自分達で歩いて来たんやろ?”
みたいな顔をされ、
”あさっての出発の時は、ソウル駅まで車でちゃんと送りますから”
と言われてしまった。
送り迎えを無料でしてもらうなんて、そんな甘えたことしてもええもんかって
思ってまう私たち‥。


明洞をブラブラしたら、日本人だらけやった。

P1100817-3.jpg


聞こえてくる言葉は、韓国語半分、日本語半分。
看板も同じ。土産物屋やレストランの前で客引きも
韓国語半分、日本語半分。
入った焼肉屋さんでは、圧倒的に日本人のお客さんのほうが多くて、
店員はほぼ全員、日本語を話してた。

今日一日、会って話した韓国人の中で、
日本語を話せなかった人は、道を尋ねた時のおじさん一人だけ。
空港でも、バスの運ちゃんをしてたじいちゃんも、
みんなみんな、感心するほど流暢な日本語で親切に対応してくれるねん。
焼肉屋で、ハリきって韓国語で「美味しいです!」って言ってみたら、
「あぁそうですか」って笑って日本語で返されるし。

P1100824-5.jpg


ああああ~~~~~~~シラケル。つまらん。

私は韓国に来たのは、これで3回目で、
一番初めに来たのは17年前。2回目は7年前やったかな?
17年前とはもちろん全然違うし、7年前ともまた違うわ。
また、タイミングが悪い。
今、ちょうど日本は3連休やねんな。
だから、ちょうど日本人観光客でいっぱいやねん。

韓国で日本語が通じるのは便利でいいことやと思うし、
日本人観光客が多いってのも、それは結構なことやねんけど、
旅の延長で韓国に来た私たちには、どうもアカンねん。
素晴らしいサービスもくすぐったいし、
日本語が聞こえてきたら、思わず耳を押さえたくなんねん。
もっと、一方的に韓国語でペラペラって喋られて、
何言ってるかわからーんっとか言って、困ったりしたいねん!
メニュー見て、何書いてるかわからーんって、苦しんだりしたいねん。
なんなら、時々ケンカなんかも‥。

旅人の悲しい性とでも言えばいいのかしら。


P1100809-2.jpg
宿は、1LDKのマンションの1室。
キッチン、洗濯機、掃除機まで何から何まで揃ってるし、
場所も良くて超便利。


P1100825-1.jpg
ミネラルウォーター機。
これは中国では、宿に1台あるだけで嬉しかったけど、
ここでは部屋に1台備え付けられてるねんな。
コーヒーもお茶もタダ。洗濯もタダ。
ネットのスピードの速さには、ビックリやった。

カルチャーショック!!


P1100804-6.jpg
ご飯は美味しい☆
ピビンバも焼肉も最高に美味しかったな♪


韓国は、ソウルと釜山の中心地をさくっと回るだけのつもりで来たけど、
田舎のほうへ行きたくなってきた。
時間もないし、宿も列車も全部予約してるから、行かないけどね。。

旅は終わってんなぁ。ちょっと寂しくなったソウル1日目でした。
スポンサーサイト

再会

【 中国 ・ 上海 シャンハイ 】


3/18(木)

昨日の夜、上海在住のホリイさんに再会。
ホリイさんに初めて会ったのは、雲南省の麗江。
約3週間前かな。

ホリイさんは、麗江で飲みに誘ってくれたり、
ビザのことを詳しく調べてくれたり、
会ったばかりの私たちに、本当に親切にしてくれた。

そして、上海でもいっぱいお世話になってしまった。
本当にありがとうございました。


P1100798-1.jpg
ホリイさんに、夜景がきれいに見えるBarへ連れて行ってもらった。
写真がきれいに撮れないのが残念だったけど、ものすごいキレイな夜景やった♪
こんな夜景を見るのは、初めてかも!
やっぱ、ええとこ知ってるなぁホリイさん。

ホリイさんの住んでる家にもお邪魔したんだけど、
家がある付近は、高層ビルが立ち並ぶ近代的な上海とは、
また違った街並みで、そういう上海を見ることができたのも良かったなぁ。
これまで旅行してきた中で、たくさんの日本人、外国人の旅行者、
現地の人に出会ったけど、何度も人の親切に助けられたり、
温かい気分になったことがあった。
そしていつも、「私は、親切にしてあげてるかな?」って
考えさせられてしまう。
親切にしてくれた人に、お返しができないときもあるけど、
私が親切にしてもらった分、他の人に親切にしてあげることが、
お返しをすることになるかなぁと、今思います。


P1100723-2.jpg
上海の庭園、預園。

P1100737-3.jpg


P1100733-4.jpg


P1100750-5.jpg


P1100766-6.jpg


1ヶ月いた中国も今日が最終日。
中国はやっぱり広くて、1ヶ月では全然回りきれなかったけど、
見てきたいくつかの都市は、全てそれぞれの面白さがあったな。
何より、中国は宿がどこも清潔で設備が整ってた点で、
私にとって一番旅がしやすかった国かもしれん。

中国を旅できてヨカッタなぁ~。


明日は本当に最後の国、韓国です!

中国雑技団

【 中国 ・ 上海 シャンハイ 】


3/16(火)

昨日、杭州から上海へ移動。
新幹線みたいなので、たったの80分。

ラクチン。ラクチン。

それにしても、北京も杭州もそうやったけど、上海も宿代が高いなぁ。
雲南省や陽朔に比べたら2倍もするねんで~!!やっぱ、都会や。
仕方ない‥けど少しでも、安くて良い宿に泊りたい願望は、
旅が終盤になっても、やっぱなくならないもんで、
今日も違う宿を探して引越ししちゃいました。
面倒なことをした甲斐があって、引越し先の宿は、部屋がめちゃめちゃ広くて
かなり快適!値段も安くて、場所も悪くないし、ネットも速いし、
中国最後の宿として、合格でした!


上海もおでかけには、地下鉄が便利。
北京はどこまで行っても一律2元やったけど、
上海は日本みたいに遠くなればなるほど、値段が上がるみたい。
4元(約50円)が高く感じてしまう私らって、一体‥。


P1100643-1.jpg
とりあえず南京路へ。


P1100624-2.jpg
当然、外国人観光客、中国人観光客でごった返してました。
だけど、レストランもお土産屋さんも大したものがないみたいやった。
夜のネオンがすごいみたいやから、また夜行ってみよう。


P1100639-4.jpg
南京路で食べた肉まん。1.5元の安さで、味は満点!
上海はやっぱり、食べ物が美味しいわ。


P1100649-3.jpg
次は、バンドエリア。
ここは、川の向こうの景色を眺めながら散歩するのが
いいみたいやねんけど、行ってみたら工事中で川沿いには行けませんでした。
上海は、5月から始まる万博の為に、至るところで工事してた。
街もゴミが落ちてないほどキレイにされてるし、
万博対策をまじまじと感じた。

P1100659-5.jpg
川を船で渡って、浦東地区へ。


P1100654-6.jpg
工事中でなければ、この景色を眺めながらお散歩できたのに。残念。


P1100668-7.jpg
こっちもあちこちで高層ビル建設中。
これから、にぎやかになるエリアなんやろうなぁ。


P1100676-8.jpg
テレビ塔(東方明珠塔)へ。
現在もそうかは不明だけど、アジア一高いテレビ塔としても有名。
展望台があるので登ろうかと思ったけど、150元もするのでパス。

それにしても、上海はホンマ都会や。
北京とも全然違う。
日本と変わらんもん。
雲南は、イモくさい子が多かったけど、
上海ガールはずいぶん、あか抜けてるわ。
すごいなぁ、中国がこんなやったって全然知らんかったわ。

そして、
最後は、行ってきました!中国雑技団!!!

P1100704-10.jpg


P1100709-11.jpg
もーーーー、すっごいヨカッタで! 大興奮!
私小さい時、TVで雑技団見るのけっこう好きやってんなぁ。
そのことを突然思い出して、急に見たくなって見に行ってんけど、
これはもう大正解やった。
あまり乗り気じゃなかったたーちゃんも、ヨカッタ!って大喜びしてた。

毎日、公演してるからガラガラなんかな?って思ったけど、
ツアー客が多いこともあって、会場ほぼ満席やった。
安い座席を買ったけど、ぜんぜん迫力感じれたで。

人間業とは思えないような演技に興奮して、私も会場も大盛り上がりやった。
私、感動のあまり涙出そうになったもん。
これはTVとは全然違うで。ホンマ。
中国に行くなら、絶対見るべき!超オススメです。
これで、日本で映画観るのと同じ値段150元(約1800円)って
安すぎる!
帰りの地下鉄でも、私は興奮冷めやらぬで、
ずいぶん熱く喋りまくってたら、たーちゃんに迷惑がられた。

中国最後にええもん見れたわ。


P1100699-9.jpg
ライトアップされた道は、華やかやった。
上海のエネルギッシュさを存分に感じた一日でした。

西湖

【 中国 ・ 杭州 ハンジョウ 】


3/12(金)

朝8時半、杭州に到着。
宿にチェックインした後、天気も良いので早速おでかけ
杭州と言えば、西湖(シーフー)。

P1100535-1.jpg


P1100575-3.jpg


P1100560-5.jpg
街の真ん中にある大きな西湖は、日本でも有名な観光スポットやねんで~。
西湖を眺めながら、お散歩☆
そんなつもりはなかったのに、気付いたら周囲15kmもある西湖を、
半周してた。
最近やたらと歩いてるな~。2人ともくたくた‥。
西湖を船で遊覧することもできるけど、これだけ歩けば十分に西湖は
堪能できたし今回はパスした。


P1100538-4.jpg
週末だからか、中国人の観光客がめちゃめちゃ多い。
地元のカップルのデートコースでもあるのかな。


P1100588-9.jpg
このツーリストカーや、サイクリングが人気みたい。
私たちもサイクリングしようと思ったけど、
宿のレンタサイクルが1台しかなかったので、歩いて回るハメに。


P1100542-2.jpg
紫とうもろこし。こんなんあるねんなぁ。初めて見た!
中国人が美味しそうに食べてるので、挑戦してみたけど、
んん‥塩がきいてなくって、味がないからかな?
とにかく、美味しくなかった。残念。

P1100555-8.jpg
西湖は、天気が良い中でもうっすら霧がかかってて、
初め見た時は、なんか暗くてパッとせん湖やなって思ったけど、
ず~っと見てたら、だんだん西湖の良さがわかってきた。
確かに、キレイやな~。
夕焼けがものすっごいキレイみたいやねんけど、
私らは残念ながら、すっごいのは見れなかった。
やっぱ、ベストシーズンは夏なのかな?


P1100591-7.jpg
杭州には2泊してんけど、2泊目は別の宿に引越し。
それが↑ここ。
この宿は、めちゃめちゃアットホームで最高やった。
晩ご飯をご馳走してくれたり、スタッフと仲良くなって夜まで一緒に話したり、
1泊だけなのが寂しかったなぁ。



あ!杭州で1つだけムカつくことがあってん。
今、思い出してもムカつくくらい!
杭州に着いた時、宿までタクシーで行ってんけど、
そのタクシードライバーと大喧嘩。
ドライバーと路上でバトルしてたら、通行人があれよあれよの間に
20人近く集まってきて、大変な騒ぎになってもーた。
もめた理由は、もちろんお金のことで
ドライバーが初乗り10元のところを、28元からスタートさせててん。
通行人は中国語を話せるドライバーの説明しか聞かへんから、
私らが悪いって目で見てるし、
ドライバーは通行人を味方にして、偉そうに怒鳴り返してくるし。
ホンマ、調子乗ってた!
だけど、私らだってそんなもんに負けるかー。

最後は、通行人の中で唯一私らの説明を聞いてくれたじいちゃんが、
15元が妥当やからこれだけ払ったら~?って言うてきたもんやから、
払うことにした。でも、15元はイヤやから、7元にした。
このじいちゃん、私らの味方したもんやから、通行人にも怒鳴られてた。

お金のことは置いといて、
今回、言葉が通じないことがこれほど悔しいもんかって思った。


まー、旅行してると色々あるよね。
杭州では、こんなムカつく人もいたけど、
宿のスタッフみたいに親切で温かい人にも会えたし。
またいつか、夕焼けがキレイに見れる時季に杭州に来たいなぁと思う。

P1100594-10.jpg
私たちが見たサンセット。

☆☆ お知らせ ☆☆

決定しましたーーー!


ついに、帰国日が3月24日に決まっちゃいました。

上海から飛行機で、韓国ソウルへ行って、釜山から船で大阪・南港へ帰国です♪♪
飛行機も船も予約をしました。

あ~~ついに、日本かぁ。
あとちょうど一週間やなぁ。
うんん。。。実感はまだまだ湧かんかな。。。

ほんの昨日、いや今日の朝まで、中国が最後の予定やったけど、
急遽、韓国に行くことになっちゃってんな~。
ほんま、私らの旅は最後の最後までどうなるかわからんね~。

韓国へ行くことにした理由は‥
上海~大阪の飛行機のチケットが思ったより高くて、
上海から船で帰国してもOkやってんけど、
40時間以上船に乗るのも、イヤやな~って最近思ってきて、
で、上海~ソウルのチケットが安くて、
釜山~大阪の船があるってのを発見したから
ヨシ!それや!みたいな。
そんなとこです。

あま、韓国はソウル2泊、釜山2泊とド短期滞在なので、
旅と言うより、美味しいもん食べて帰ろうかぁ的な気分で
楽しんでくるつもり。

あと、1週間。
無事に日本へ帰国する為に気を緩めないように気をつけながら、
思いっきり楽しみたいと思います☆

天安門広場

【 中国 ・ 北京 ベイジン 】


3/12(金)

列車の時間は夜の19時半。
出発まで少し時間があるので、最後の北京観光。


P1100441-1.jpg
オリンピック公園へ行ってきました☆
天気が良くて、気持ちいいお散歩になった。

P1100455-2.jpg
鳥の巣。この辺りの近代的な雰囲気には驚いたなぁ。


P1100490-3.jpg
ショッピング街の西単。
北京には、沢山ショッピング街があるけど、
ここが一番日本に近い感じがした。
人も多いし、活気が感じられた。


P1100502-4.jpg
やったー!天安門広場にやっと入れた☆
私たちが北京に来てから、毎日のように天安門の前を通ってるけど、
広場はずっと入場規制がかかってて、中に入られへんかってん。
で、ダメもとで最後にここへ来てみたら、規制解除になっててんーー!
やっぱ広場には入ってみたいやん♪ 
入れただけで、満足♪

P1100506-5.jpg
広場の中央にある人民英雄記念碑。


P1100526-6.jpg
北京~杭州の列車は超快適な軟臥クラス(一等車両みたいなもん)
ハンガーやスリッパまで付いてるし、枕も二つ。
花瓶まで置いてあった。
たまにはこんな豪華な列車の旅もええね。気分が違うわ。
おかげでゆっくり寝れました☆


万里の長城

【 中国 ・ 北京 ベイジン 】


3/11(木)

朝7時半、起床!

天気は‥ イマイチ。だけど、仕方ない。
今日こそ、万里の長城へ行くよ~♪

タクシーで徳勝門まで行って、ここから万里の長城(八達嶺)行きのバスに
乗り込む。バスの便は多いみたいで、すぐに出発してくれた。
八達嶺まで50kmちょっとの距離やけど、バスの停留所が多くて何回も停まるから、
1時間半くらいかかった。

10時過ぎ、八達嶺到着。
とにかく早く出発したほうがいいと思って、朝ご飯を食べずにきたので、
お腹ペコペコ。
万里の長城に登る前に、とりあえずご飯を食べようか~ってことで、
ちょうどバスを降りたところに食堂があったから入ってみた。

P1100422-7.jpg
それが、ここ。メニュー見たら、ヌードル系25元、チャーハン35元。
観光地やからちょっと高いかなぁとは思ったけど、想像以上でちょっとビックリ。
だけど、他の店も値段は同じようなモンやろうと思って、オーダーすることにしてんけど、
これがもー、最悪!!麺はのびてるし、チャーハンは味ないし、不味すぎんねん!!
でもって、バカ高いやろっ。なんか、腹立つーーー。ねんけど、これは私らの失敗。
出発前に、なんか食べてくるべきやったわ‥。
それに、後で気付いてんけど少し歩いたらKFCがあってん!
あ~ここに入ればよかった。。2人して、かなり落ち込んだ。。


P1100344-1.jpg
気を取り直して、万里の長城へ!
この八達嶺は、北京市内から近いということもあって、
観光用の万里の長城としては一番有名なところ。
登城口で入場券を購入。ガイドブックには入場料60元となってるけど、
40元やった。なんか、得した気分。
だけど、さっきの食堂の損失カバーには一歩及ばず。ブツブツ‥


P1100350-2.jpg
うわぁ~万里の長城やぁ☆
ここは、いつか行ってみたいってず~っと思っててんな~。
こんな寒い中やのに、観光客は多かった。


P1100395-3.jpg


P1100365-4.jpg
急なの上りもあり。

P1100376-5.jpg
天気はどんどん悪くなって、完全に曇ってきたけど、
景色は良かったよ。

P1100404-6.jpg
この道が6350kmも続いてるって思ったら、ホンマすごいよな。
よくこんなもん創ったよな~。


私たちが、北京市内に戻ったのは1時過ぎ。
予定よりも早く戻ってきたので、紅橋市場へ行ってお買物することにしました。
そして、お目当てのスーツケースをGETしました。
中国はスーツケースが安いし、最後はお土産とかで荷物が増えるかなぁと
思って購入。
これでバックパッカーじゃなくなったわ~☆


P1100424-8.jpg
紅橋市場から見えた、天壇。


北京は今日が最終日。
私たちにしちゃー、寒いのにも関わらずあちこちと歩き回ったなぁ。
北京は、見どころもいっぱいあったし、中国の発展にも驚かされたし、
なかなか面白かった。予定外やったけど、北京に来て正解やった☆

大熊猫

【 中国 ・ 北京 ベイジン 】


3/10(水)

今日も、晴れたー☆
しかも、昨日と比べてずいぶん暖かい♪ 嬉しいゾー♪

今日は万里の長城(八達嶺)へ行こうと思ってたから、
おでかけ日和となって、一安心。と、思ってたけど。
お昼の12時前、のろのろと準備を終えて
宿のレセプションで万里の長城までの行き方の確認をしたら、
「今から行くのは遅すぎるわよ。朝8時には宿を出ないと!」
なんて言われてしまった‥。ありゃりゃ。

仕方ないので、予定変更。
今日は、北京動物園に行くことにしました。
パンダを見に行くねん!パンダ!
本当は、成都でパンダを見たかってんけどなぁ。


P1100241-1.jpg
北京動物園は、中国で一番大きな動物園なんやって。
パンダ以外に、孫悟空のモデルになった金絲猴とか東北虎などの
珍しい動物も飼育されてるとか。
そんな孫悟空のモデルになったナントカ~は、どうでもいいねんけど、
私はとにかく本場中国でパンダが見たかってん。

P1100245-2.jpg
ありがたいことに、動物園に入ったらすぐにパンダ館があった!
走れ!私!

-3.jpg
笹を食べてるパンダ発見~♪うわぁ~~~~カワイイ☆
めちゃめちゃカワイイ☆ もーぬいぐるみやで。
パンダは、一日のうちほとんど寝てるか食べてるかで、
動き回ってる時間はほんの1時間くらいやねんって!
(パンダに会う前に、ネットで勉強!)

P1100275-4.jpg
次はガラス張りやけど、子パンダ。抱っこしたいなぁ~。
成都やったら、子パンダを抱っこできるらしいねん。1万円くらいするけど。
でもいつか、私は絶対パンダを抱っこするねん!

P1100277-5.jpg
欲しーーーーー!!欲しぃーーーー!! 
散々ネバったけど、たーちゃんからOKもらえず‥。
たしかに、このぬいぐるみはあんまり可愛くなかったけどね。

P1100292-6.jpg
これが、孫悟空のモデルのナントカ~。
何これ?ってかんじでした。

P1100306-7.jpg
たーちゃんが一番気に入ったのが、このホワイトタイガー。
うん。私もけっこう気に入った。
真っ白とチョコレート色の縞模様は、なかなかカッコよかった☆

北京動物園はめちゃめちゃ広くて、歩くのは大変やった。
久しぶりの動物園は、予想以上に楽しくってもっとゆっくり見たかったけど、
一日かかりそうやったので、この辺で動物園を出ることに。

P1100321-8.jpg
次は、たーちゃんが行きたいって言ったショッピング街。

P1100319-9.jpg
下町の中に、ちょっとオシャレなお店が並んでた。

P1100338-10.jpg
今日の夕飯。このパオズは今までで一番美味しかった!
一番お店も混んでたし、一番値段も高かった。


今日は、他にも行きたいところが沢山あったけど、
北京はとにかく広いので、思ったように動けない。
明日は、とりあえず早起きして、万里の長城へ行ってきま~~す☆

北京☆晴れ

【 中国 ・ 北京 ベイジン 】



3/9(火)

やったー晴れてる☆ 


P1100063-1.jpg

朝起きたら、雲一つない空が広がってた~♪
おぉーこれは嬉しい☆ 
昨日北京に着いた時曇ってたから、北京は曇ってるもんだと思い込んでた。
(陽朔も毎日曇ってたし)
太陽が出てたら、少しは暖かくなるんじゃないの~?
写真もキレイに撮れるしね。

旅人、天気は重要です。

ってことで珍しく早起きして早速、観光観光♪

P1100108-2.jpg


P1100100-3.jpg

まずは、故宮。
2人とも何気に楽しみにしてたんだけど、期待通り素晴らしかった。
とにかく、でっかい。

そして、景山公園。ここからは故宮を一望。

P1100173-4.jpg


P1100179-5.jpg

逆光なので、うまく撮れてないけど、ここからの眺めはすごいよ。

この後は北京駅へ行って、北京~杭州の列車チケットを購入。

P1100194-6.jpg

出発の3日前だから、座席は選び放題やろって思ってたのに、
空席だったのは一番安い席(硬席)と、一番高い席(軟臥)のみ。
出発予定日の前後も確認してもらったけど、あまり状況変わらず。
どうしようか迷ったけど、最後の長距離移動だったので、
奮発して一番高い席(軟臥)を購入☆

そして、前門へ。
北京は地下鉄があって、けっこう使える。
というか、タクシーも安いから使いたいんだけど、
でかい道路が多くて、なかなかタクシーを拾えない‥。
寒い中、タクシーを拾う為に道端で立ってるのがツライ。
景山公園から北京駅へ向う時、なかなかタクシーを捕まえることができなくて、
客引きをしてた三輪車(トゥクトゥクみたいなの)に乗ってみることに。
10元まで値切ったら北京駅まで連れて行かず、
しらばっくれて王府井で降ろそうとしてきた。
ムカついたのでお金を払わず降車したけど、
おっさんも悪いと思ったのか、追いかけてこなかった。ナメんなよー!
中国にもいたのか、こんな輩が‥。

P1100203-7.jpg

前門の前のショッピング街で、ユニクロ発見!
ヒートテックを探したけど、売り切れ?でなかなか見当たらなかった。
中国は、旧正月前に冬物のバーゲンをするらしい。
そして私、売り場の隅っこのほうの激安ワゴンを発見!
私は、売れ残り激安商品のワゴンの中から、
素敵なものを見つけることには才能が長けている。ふふ。(ただ安いのが好きなだけ)
なーんと、ヒートテック19元(約250円)でGET☆
(Sサイズの売れ残り)
旅も終盤、いらないと言えばいらないけど、
北京だけの使い捨てと思っても、かなり重宝すると思う。
うんうん、自分の買物に納得。


P1100211-8.jpg

そして、宿まで歩いて帰ってきたけど、
30分ほどの距離を1時間以上かかってしまった。
故宮付近は通行止めになってる道が多くて、回り道をいっぱいさせられた‥。
寒い中、今日はかなり歩いたぞ。頑張ったな~。

P1100059-9.jpg

コウジさん&ユカちゃん、私たちもここ泊ってるよ!!!
コウジさんのブログにあった、故宮の隣のナイスな宿ってのは
きっとここだろうと話してたけど、やっぱりここだったみたい☆
昨日は、着いたばかりだったので、適当に決めた宿に泊ったけど、
その宿の近くの、快適&安かったこの宿を発見したので引越し。
直接、レセプションで値段を聞いた時は、ダブルベッドルーム150元で、
窓のない部屋をを見せられたので、予約せず。
そして、ネットだったらツインルーム140元だったので、ネットから予約。
部屋は、昨日見せられた部屋より2倍3倍にいい部屋を用意してくれたので、
ここで3泊することに決定☆やったー!

P1100072-10.jpg

そして、吉牛も食べたよ~!
北京はすごいね。吉牛があるねんから。値段は135元(約180円)と
日本より安くて、味はほぼ同じでGOOD☆でした。

P1100207-11.jpg

夜はシューマイの老舗「都一処」へ。
もちろん、肉汁たっぷりで美味しかったです。


いくら重ね着しても、顔が冷たい。
寒すぎて、立ち止まってるのも辛くて、常に小走りしてる私。
でも北京はなかなか面白いよ~。

雪景色

【 中国 ・ 北京 ベイジン 】



3/8(月)

突然、北京に行きたくなって。

北京に来ちゃいました。

陽朔の後は、黄山~杭州~上海というルートに決めていたけど、
急遽、予定を変更しちゃいました。

桂林から北京まで、列車で23時間。
外を眺めてたら、途中で雪景色に変わっていった。

そう。北京、寒いねん!めちゃめちゃ寒いッッ!!
寒いやろうなぁとは思ってたけど、ここまでとは‥。
私ら、またまたナメてたな‥。
雪が降ってるねんで~。氷点下や~。

私、寒いの大嫌いやのに。
徳欽デーチンの後は、もう寒いところは絶対行かんって思ってたのに。
なぜか、来てしまった。
旅行した中で一番、寒いところやわ。北京は。

P1100010-1.jpg
雪は止んでたけど、凍るほど寒いです。


P1100038-2.jpg
今日はとりあえず、天安門だけ見に行ってきました。


P1100048-3.jpg
メインストリートの王府井(ワンフーチン)
やっぱ北京は都会やな~。


P1100055-4.jpg
屋台が賑やかに並んでたから、覗いてみたけど
観光価格でめちゃめちゃ高い!!


寒いのでちゃっちゃと観光して、早々に上海へ行きまーす。
 

漓江下り

【 中国 ・ 陽朔 ヤンショウ 】


3/4(木)

風景を楽しむなら、なんと言っても船に乗って川下りでしょ☆
桂林に訪れる人が必ず参加するという定番コースなのが、漓江(リコウ)下りっていうので、
これは4~5時間のランチ付きクルーズツアー。
値段は旅行代理店によって多少のバラつきはあるけど、一人500元前後(6~7千円ほど)
って、これめちゃめちゃ高くない?
ここがヨーロッパならわかるけど、中国でこれは高すぎるやろー。
現に、この値段は外国人価格。中国人は、同じツアーを半額ほどで参加できるねん。
ウワサによると、日本人でも中国人に混ざって(成りすまして?)中国人価格で
ツアーに参加することもできるらしいけど、私にしてみりゃーそれでも高すぎる!

中国で川下り如き、もっと安い値段でできるはずや!

そー思って、ネットであれこれあれこれ調べてみたら、やっぱあんねんなー♪♪

なんと!私らは、漓江下り2時間コースで2人で90元(1200円)やったで。
10分の1の値段やで!ええやろう~☆
私らは2時間やったけど、もちろん3時間でも4時間でも好きな時間選べるよ。
値段は少し上がるけど、それでも150元くらいじゃないかな。
必死で値段交渉したら、もっと安くなるかもね。
コースは、桂林から出てる漓江下りのコースの真ん中ら辺を往復やねんけど、
有名な景色なんかはその区間に集中してるから、見どころもちゃんと押さえてるから
問題ないしね。
値段に関係なく、5時間もクルーズすることに面倒くさい!飽きる!って言ってた
たーちゃんもこのショートクルーズには大賛成。

ホンマ、ええの見つけたわ♪ 大・大・大満足☆
実は、陽朔に滞在することにした最大の理由がこれやってん。
ショートクルーズに乗る為には、拠点を桂林ではなく陽朔にしたほうが
アクセスしやすかってんなぁ。


P1090896-1.jpg
興坪の街

川下りする為に、まず陽朔から興坪ってとこまでバスで40分。
情報によると、興坪のバス停に川下りの客引きがわんさかおるってことやったから、
戦闘態勢バッチリにしてたのに、バス停に着いてみたら、客引きは寂しくたったの2人だけやった。
同じバスに乗ってたヨーロピアン組に一人の客引き、そして私たちに一人の客引きと
うまいこと分かれたもんやから、激しい値段交渉を予想してた私たちは、ちょっと拍子抜け。
やっぱオフシーズンなのね。。。

客引きのおばちゃんと値段交渉して、ショートクルーズ開始☆

P1090714-2.jpg
私たちのクルーズ船はこれ↑ 竹でできた船。2人で貸切やで~。それもええやろう。


P1090787-3.jpg
ちなみに、これが桂林の漓江下りツアーのクルーズ。この船、ぼろ儲けやで~。


P1090708-4.jpg
私たちが出発したところが、いきなり20元札に使われてるところやった。
この景色の写真が20元札の裏になってます。


P1090663-5.jpg


P1090861-6.jpg


P1090837-7.jpg


P1090868-8.jpg


P1090886-9.jpg

一つ疑問やったんが、天気はこれでいいの~?ってこと。
霧か雲かわからんけど、ず~っと空が曇ってんねん‥。
でも、水墨画っていうくらいやから、これがフツウなんかな?
キレイに晴れてたら、モノクロじゃなくなるもんな‥。
それとももっと、絶好の水墨画日和っていう天気があるのかな?
わからんけど‥。

まぁ、川下りは楽しかったけど、ハッキリ言って景色は思ったより‥ってとこかな。
川下りの時の景色より、陽朔の街とかバスの中から見た景色のほうが、よかった気がする。
遠くから景色を見るほうが、山の色がグラデーションになってたもん。

あと2時間コースにしたのは正解やった。
飽きっぽい私らは、2時間でも長いくらいやったかも(笑)
最後のほう、ちょっと寒かったしね。


P1090909-10.jpg


P1090911-11.jpg
陽朔に戻ってきて、食べた砂鍋。8元(約120円)
ご飯の上に好きな具を選んで、かき混ぜて食べるねんけど、
ピビンパみたいでめちゃめちゃ美味しいよ♪

水墨画の街を目指して

【 中国 ・ 大理ダーリー ~ 昆明クンミン ~ 桂林ケイリン ~ 陽朔ヤンショウ 】


3/2(火)

次に目指すのは、水墨画の街 <陽朔ヤンショウ> です。

え??水墨画といえば桂林じゃないの?と思ったでしょ?ふふふ。
たしかに、水墨画で最も有名なのは桂林。
だけど、私たちは水墨画の風景を堪能する為に、あえて陽朔という小さな街に
滞在することにしました。
なぜ、桂林ではなく陽朔を目指したかという詳しい理由は後ほど。

さて、今回の大理~陽朔までは、久々の長時間移動となりました。
まずは大理から昆明までバスで5時間。
昆明西バスターミナルから、市バスに乗り換えて30分、昆明駅へ。
当日(昆明~桂林の列車)のチケットが取れれば、そのまま出発するつもりやったけど、
私たちが希望してる座席クラスに空きがなかったので、仕方なく明日の便を予約。
今日は、昆明で1泊することに。
列車はまだ旧正月の影響で混雑気味みたい‥。

昆明では、特に何もすることがないので、ゆっくり体を休めて、
翌日18:22昆明を出発 桂林まで約19時間の寝台列車。
どんなにボロくても、インドよりひどいってことはないやろ。
そう思って、中国初の列車の旅は心配してなかったけど、
乗ってみて、ビックリ。豪華すぎる!


P1090631-1.jpg

P1090630-2.jpg

私たちの座席クラスは硬臥といって、上から2番目のクラス。
3段ベッドは広くないけど、真っ白なシーツ、枕、布団まで用意されてあるねん。
通路には小さいけどテーブルセットもあるし、ACも付いてる!
それに、なぜか雰囲気の良いBGM♪まで流れてるねん☆
当たり前かもしれんけど、白い壁にゴミ一つ落ちてない床。
これは私にとって小さな感動やった。
ちなみに一番高いクラスは2段ベッドで、ベッドはクッション付きらしい。
その他、値段が高い分(私らのクラスの1.5倍以上もするねん)
もっともっと設備が整って、乗り心地最高やと思うねんけど、
私らは、これで十分過ぎるくらい快適やわ♪
インドの列車の旅を経験したら、すべてが快適に感じるし、何かとお得かも~。

うるさい物売りや物乞いが列車の中に入ってくることもないから
夜もぐっすり寝ることができて、私らは12時間以上寝たまんまやった(笑)


翌日のお昼12:45頃 バッチリ定刻通りに桂林駅到着!

P1090639-3.jpg
天気のせいか、桂林は少し寒く感じた。

桂林駅の前から陽朔行きのバスに乗り込む。頻発してるのですぐに乗れた。
バスの中で寝ようと思ったけど、寝すぎで寝れなかった‥。
ふ~~。さすがに疲れたなぁ。バスに揺られること約1時間半、ようやく陽朔に到着!


P1090643-4.jpg


P1090663-5.jpg
早速、ホテルの屋上から。

私たちが桂林ではなく陽朔に滞在しようと思った理由は、この景色!
ホテルの部屋からこれが見えるねんで~。
陽朔は、街の中で水墨画の風景を堪能できるところやねん。
小さな山に囲まれてるから、街のどこにいてもこの水墨画の景色が見えるねんで~。
ええやろう~? 
桂林が有名なのは、桂林から出てる川下りツアーの漓江(リコウ)下りであって
街は、ただの都会。観光地化が進みすぎて街も大きいし、ビルも高いし。
景色をじっくり楽しみながら滞在するんやったら、絶対ここ陽朔がオススメ!

いや~陽朔にして正解正解♪

実は、もう1つ陽朔にした理由があるねんけど、それは次回に。
プロフィール

mayumiza

Author:mayumiza
ただ今大好きな旅行はお休みし、昨年12月に誕生した
可愛い娘と過ごす何気ない毎日を満喫中☆
初めての育児に奮闘しながら、楽しい日々を送ってまーす。

FC2カウンター
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。