スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブッタパーク

ビエンチャンにて、ビザ取得完了!

通常、有料のビザ申請費が6/4まで無料やから、
大使館には人がいっぱいやった! 一日1000人近く申請に来るとか‥。
整理券まで配ってたからな~。


さて、ビエンチャンは雨季に入ったせいか、
前回来たときより日差しも弱くて、少し涼しい。

ええカンジや~。


暑かったら、トゥクトゥク使ってたところやけど
過ごしやすい気温やったから、ローカルバスを利用してブッタパークへ行ってきました。


SANY1470-1.jpg

P1010494-1.jpg


広くない園内に、仏像がいっぱいあるだけやねんけど、なんか面白かったよ。


ビエンチャンで3日間のんびりできたので、疲れもとれましたが、

またこの後、タイ南部までの長距離移動が待ってます。

スポンサーサイト

夜行バス

5/27(水)

まず、朝の10時にパーイを出発して、チェンマイに13時到着。
チェンマイからウドンターニー行きのバスが出発するのは、夜の19時。
それまでネットCAFEで時間を潰して、19時にチェンマイを出発。
そして、ウドンターニーに到着予定は翌朝7時。
バスの中でゆっくり寝ようかな~と思ってた。


ところが、そんなことさせてくれるバスじゃなかった。



夜12時過ぎた頃かな~、ポタポタって、天井から水滴が落ちてきて、
エアコンからかな~?って思ってんけど、
その内、ポタポタじゃなくってボタボタって水滴とは言えん量の
水が落ちてくるねん。

何コレ? 回り見たら、同じようにボタボタと水が流れ落ちてて
ひどい箇所は、床がビチョビチョ。


外を見たら、大雨。


雨漏りしとんねん。このバス! 怒


バスが雨漏り!! 怒 怒



服が濡れて風邪ひくやん! なんとかしてよ!


バスのガイドに言いに行ったけど、
そのガイド、雨漏りでか何でかわからんけど、ビチョビチョやねん。。。

他のお客さん(タイ人)は、文句言いながらも笑ってるし。。。


すべてを悟ったわ。
我慢するしかないんやって‥‥



私らは、一時的な対処で備え付けの毛布を引っ掛けて
雨漏りを防ぐようにしたけど、30分もしたらその毛布からポタポタ‥ポタポタ‥



あぁぁぁぁ~~~ 泣き


こんな状況の中、新たにバスに乗ってくるお客さん(タイ人)もおるぅぅ。。なんで~~??
席ないから7時間立ったままやで‥‥


でも。。私らも雨が降り続ければ、席に座れなくなって、立たなアカンやんな~~



恐ろしい~ 泣




雨は一時間後に、止んでくれたけど
ほとんど寝れず、予定通り7時にウドンターニーへ到着した。



ウドンターニーからは、ビエンチャンまでの直行で行ける国際ツーリストバスと
ノンカーイ行きのバスがあったけど、どちらのバスもすぐ出発するみたいで
悩んでるヒマもなく、疲れ果ててた私たちは、ノンカーイ行き(1時間)に
乗ることにした。
その後、ノンカーイから、ボーダー(友好橋)へ行けば、ビエンチャンへゴール!やってんけど

私らは、限界を迎えてノンカーイで1泊することに。



疲れた‥ 

ホンマ、疲れた‥

ある意味、こんな不安になったことなかったもん。

東南アジア‥こんなこともあるねんな‥。
いくらなんでも、予想してなかったわ。。


SANY1444-1.jpg

これが、雨漏りしたバス。今すぐ廃車にして欲しい。

SANY1458-1.jpg

ノンカーイで泊ったゲストハウスは、口コミで知った日本人経営の宿。
こんなかんじ~ 


ゆっくり寝て、明日ビエンチャンへ行きまーす。

ビザ

タイのビザを取る為に、またビエンチャンへ行くことに。

かおりんがタイ(サムイ島)に遊びにきてくれるのもあって、、
私らはあと1ヶ月はタイに滞在する予定やねんけど、
今回、ノービザでタイに入国したから、15日以内(6月3日まで)
にタイを出国しなアカンねん。

タイの大使館HPには
帰りの航空券を持ってれば、ノービザで30日以内の滞在が可能。
持ってない場合と、陸路で出入国をする場合は、ビザが必要(2ヶ月滞在可能)
って一応なってるけど
実際は、陸路で入っても15日以内やったらノービザでOKみたい。
(空路の場合は30日OK)

一旦、他国に出て、タイに入り直せば、また入国した日から15日滞在できるねんけど
日にちを気にしながら、動くのってせわしなくてイヤやし
今、期間限定でタイのビザ申請がFreeでやってるから
ちょっと面倒やけど、ビエンチャンまで行って、ビザを取ろうかと。

う~ん。。
でも、ついこの間行ったビエンチャンに、再度!ビザ取るために行くのって
なんかイケてないわ~。

ビエンチャンにいる時に、取っとけばよかったんや!
って、悔やむやん。

そもそも、ニュージーでタイのビザ取った時に、ダブル(2回入国用)
で取っておけばよかってんけど。。


移動ルートも滞在期間も、行き当たりばったりやから、
どーしても、こんなことになっちゃうよね。。


しかも、このビエンチャンへの移動が、過酷やってん!


つづく‥

パーイ

5/24(日)~5/26(火)

チェンマイから、車酔いするくらい急なカーブが続く山道を3時間。
山と川があるタイの北部にある小さな田舎町パーイで3日間過ごしました。

自然がある町って、温かくてゆっくりとした空気が流れてるよな~。
滞在中はバイクをレンタルして、15分ほど離れたところにある
滝とか温泉とか見に行ったりしてんけど、その道のりも自然がいっぱいで
すっごい気持ち良かったよ。


P1010345-1.jpg


SANY1360-1.jpg

ちょっと、しょぼい滝。。

SANY1405-1.jpg

ゾウにもいっぱい会えたし♪



パーイにいる間、毎日停電になったで。
しかも、夜に。町全体が停電!

東南アジアは停電が多いから、慣れっこになってたけど
パーイの停電は長いねん!

初日は、なんと3時間の停電!

エアコンが止まって蒸し暑い中、真っ暗な部屋にフロントでもらった
ロウソク1本だけ。
シャワー浴びようかと思ったら電気湯沸し器やからお湯はでーへんし。

もう、寝ようか‥って諦めかけた頃に、

ピロリロリン♪ってエアコンONの音とともに、部屋の中が明るくなった時は
「おおおーーー!! きたーー!!」 って二人とも大はしゃぎ♪
かなり感動したよ。

3日目はレストランにいる時に停電なってんけど、
パーイに住んでる人はもちろん、何日が滞在してる観光客は
停電になっても、全然うろたえへんもんな。

町中、ロウソク。

一瞬、パッって電気がついて、また消える時なんかもあんねんけど
その時は町中で、「お!!絵文字名を入力してください   おぉ~~~ ↓↓  (笑)」って声がするねん。

おもしろいやろ? 何か、楽しいで。 妙な一体感があんねん。

パーイにとっては、電気は便利なものであって
当たり前にあるものじゃないねんな。。

そう思った。


停電を、「電気が使えなくて困る」出来事じゃなくて
「電気を使えることは有難い」って感じれる出来事に
思えたのは、パーイやったからやと思う。


P1010330-1.jpg


チェンマイ

5/22(金)

タイ第二の都市、チェンマイへ

チェンマイは町の中に、正方形に堀があって
堀の中が旧市街で、堀の外側が新市街ってなってるねん。

久々にコンビニ(セブンイレブン)を見た。
スタバもマクドもあった。
なんか、見慣れてるもの見ると、ホッとするものあるな‥。


あと、ナイトバザールが夜遅くまで、にぎやかにやってるから
私たちも行ってみたけど、
売ってるものは、バンコクの露店と変わらんかった。


P1010372-1.jpg


P1010381-1.jpg


チェンマイに来たら食べよっと思ってたのが、「カオソーイ」
カレーヌードルみたいなの。
おいしかった!


SANY1351-1.jpg


ラオスのルアンパバーンに「カオソイ」ってのがあったけど、
あれは肉うどんみたいやったし、似てるのは名前だけやね。。



チェン・コーン

5/20(水)

いよいよタイへ戻ります。

メコン川を渡れば、もうタイ。


SANY1306-1.jpg


船乗り場の小さな受付カウンターがイミグレーションで
出国手続き。パスポート開いて、ハンコをポン!何の確認もしてないで。

船代100円くらい払って、出国。30秒くらいでタイのチェン・コーンに到着。
はやっ! 

SANY1309-1.jpg

こんな10人も乗れないような船で国境越え

あっという間に、タイに入っちゃったわ。


SANY1320-1.jpg

これがタイのイミグレーション


チェーン・コーンは静かでいい町。

SANY1335-1.jpg


SANY1327-1.jpg


メコン川の向こうのラオスが見える眺めも最高のコテージに泊りました。

このチェン・コーンという町で、仲良くなったヨシとボブ(日本人)は
とっても楽しそうにアジアを旅してて、好きなことを思いっきりやってて
めっちゃ素敵な子たちやったな~。
で、二人とも話がホンマおもしろいねん。
この日は、朝の5時まで4人で大富豪やったな~。楽しかった!

ここで滞在する予定は全くなかったけど、チェン・コーンの町が大好きって言う
この二人に会ったから、2日滞在したのかも。




船旅

5/18(月)~5/19(火)

ルアンパバーンから、タイの国境フエイサイまではメコン川を船で移動することに。
途中、パークベンに立ち寄る1泊2日の船旅。


SANY1272-1.jpg


SANY1278-1.jpg


全然、立派な船ちゃうよ~。2日の合計20時間もこの船の中で過ごすねんで。

景色を楽しむのは始めの5分だけ。
ずっと同じ景色やもん。

座り心地の悪いイス。
寝るにも寝にくいし、かなり疲れた~。

しかも、雨が降ったり強風が吹いたら、船が揺れるし
船酔いは大丈夫やったけど、転覆するんちゃうかな?って
ヒヤヒヤしたわ。


朝の8時半に出発して、パークベンに着いたのは18時半。
ここでは、ものすごいとこにに泊ったよ。
値段は280円くらい!ゲストハウスってより掘建て小屋やったな。


網戸とカーテンはあるけど、よく見たら肝心の窓ないし。
10時過ぎに停電?って思ったら、そのまま朝まで電気はつかんかった。
(夜の6時から10時までしか電気が通ってないんやって)


次の朝、同じく8時半にパークベンを出発して
19時を過ぎて、ようやくフエイサイに到着。

やっと着いた!!

こんな船で移動って、なかなかおもしろかったけど
私はもう2度と乗らんな~。
バス移動より、はるかにしんどかった。

ルアンパバーン

5/16(土) 

バンビエンからルアンパバーンへバスで6時間をかけて移動。

ルアンパバーンは町そのものが、世界遺産に登録されてるねん。
町に寺院が80くらいあるらしい。
私らのゲストハウスの目の前にも、1つあった。

だから、首都のビエンチャンに比べたら、ルアンパバーンの方が
はるかに栄えてる。
お洒落で、新しい気なレストランもゲストハウスもいっぱいあるし。

寺院以外にも、少し離れたところに滝壺があって、泳げたりもできるらしいし
ゾウとたわむれるツアーもあるねんで。

私、そのゾウとたわむれるツアーにビビッてきてんけど
高いし、時間もないし、今回は断念することにしました。


P1010206-1.jpg

SANY1243-1.jpg


いくつか寺院を回って、屋台でルアンパバーンのカオソイを食べた。


SANY1183-1.jpg


SANY1186-1.jpg

ちょっと辛かったけど、おいしかった。

P1010201-1.jpg

日中は、日傘のつもりで雨傘さすくらい、日差しが強いねんけど
夕方ごろには毎日スコールが降ってたな。

SANY1190-1.jpg

どしゃぶり。屋台で雨宿り。

チューブ下り

5/14(木) 

バンビエン名物、ソン川でのチューブ下りに挑戦。

トゥクトゥクで上流まで20分くらい連れて行ってもらって
チューブ(浮輪)を渡されて、スタート。


SANY1078-1.jpg


流れは緩やかやし、足が着くほどの深さしかないから
スピードやスリルは全然なくて、少しずつ流されながらただプカプカ浮いてるだけ。
でも、これが気持ちいいねん。


SANY1089-1.jpg


大きな山に囲まれて、景色も最高。
ビール片手に浮いてる人も、寝てる人もいるし。


SANY1122-1.jpg

途中にいくつか音楽ガンガンに流れて盛り上がってるBARやジャンプ台があるから
そこへ立ち寄って、遊んだりできて、
休憩したら、またmyチューブでプカプカ下って行くねん。

なんか、そういう雰囲気も楽しくてよかったなぁ。

4時間かかって、ようやくゴール。
最後は、天気が曇ってきて寒くなってきたから
ちょっと早く帰りたいモードになったけど、
このチューブの旅は、かなりおもしろかった。


同じコースをボードで1時間ほどかけて回るのも、昨日やってみてんけど
それもまた、爽快でよかった。


SANY1077-1.jpg


SANY1069-1.jpg


ボートとチューブの人がすれ違う時は、手を振るねん。
平和なカンジよね~


バンビエンは今日が最終日。
6日間のんびりできました。


バンビエン

5/10(日)

ビエンチャンからバンビエンは北へ3時間ほど。

バスターミナルから、どこのゲストハウスも近い。
街の端から端は、ゆっくり散歩しながら歩ける距離。
そんな小さな田舎街やった。

SANY0952-1.jpg


バンビエンは見所は、特になんもないねん。
ソン川で、遊ぶことだけ。
チューブ下りとかできるみたいやけど、とりあえず川でのんびりすることにした。


SANY1018-1.jpg



自転車で、水着で川に向かって、、なんか
夏休みに田舎のおばあちゃんの家に遊びに来たみたいな感じ~。
(そんなん、したことないけど‥)
バンビエンって日本の昭和とか、田舎とかの雰囲気そのままやもん。
だから、めっちゃ落ち着くし、なんか懐かしい気がすんねんな~。

欧米のリゾート地とは違う、心地良さがあるわ~。


SANY0957-1.jpg

P1010127-1.jpg


ソン川は、キレイではないけど、冷たくて気持ちいい。


地元の子が、シャンプーしだした。

SANY0970-1.jpg


SANY0998-1.jpg


‥と思ったら、洗濯しだした。それも、けっこう本格的。

もちろん、野菜も洗ってたし、川で魚を獲って、その場で焼いて食べてた。
私らが、アウトドア♪って言ってやることが
バンビエンの人にとっては生活そのものやねんな~。
 

SANY0985-1.jpg


バンビエンはこんな風に寛げるレストランってか食堂が多い。
ゴザが敷かれてあって、上に扇風機があって、これも、日本の「海の家」を思い出す。

欧米人が多いせいか、洋風のメニューも豊富。

東南アジアを周遊してる外国人にとって、ラオスはちょっと一休みするところかも‥

見所もないから、特に何をするわけでもないけど
だからこそ、なんかゆっくり滞在したくなるんやわ。


ベーカリーショップ

5/8(金)

ビエンチャンへ来て3日目。
毎日、通ってるベーカリーショップがあるねん。

二人ですっかり、ここスカンジナビアンベーカリーのパイに
ハマってしまった。


SANY0932-1.jpg



ほうれん草、ベーコン、ハムチーズとか色んなパイがあるねんけど
どれも、おいしいねん♪
持ち帰りもできるけど、店で食べる時は温めてくれるから
もっと、おいしく頂けるね~ん。
他のパンや、アイスコーヒーもなかなかイケてたよ。


SANY0929-1.jpg



ビエンチャンは、こんなベーカリーとかヨーロッパ調のレストランが
けっこう多い。どこも、新しくてお洒落。
この数年に、欧米人を始め、多くの旅行者が集まるようになって
観光化が進んだみたい。


P1010041-1.jpg



小さな街で、人も少なく、こぢんまりとした可愛いレストランや雑貨屋さん‥ 
東南アジア独特の、気忙しさがない。

ほっとした気持ちになるのは、私らだけじゃないと思う。


明日は、もう少し田舎のバンビエンへ移動♪ 楽しみやわ♪


はずれゲストハウス

5/7(木)  

寝苦しかった~!

ラオスは今が一番、暑いとき。(3~5月は暑季)

それやのに、昨日初めてエアコンなしの部屋に泊ってん。
いつも、私は絶対にエアコン有!ホットシャワーにこだわっててんけど
たまたま、部屋を見せてもらった時にエアコンがない部屋やって、
なんとなく、まーいいかなって思って。

それが、間違いやったわ。
暑くすぎて、気持ち悪くなったも~ん。
ファン(扇風機)を最大にしたって、熱風やから
なんか息苦しくなってくるし。

しかも!この部屋、臭いねん!公衆トイレの臭い‥
部屋の中のトイレが臭いねんけど、部屋の中まで臭ってくるやん。
ちょっとしたら、慣れてくるねんけど。

もう、完全にはずれやった。

ってことで、
勢いあまって朝一に隣のちょっと高いホテル、いつもなら絶対に泊らないようなとこへ
移動しました。


SANY0926-1.jpg


超快適♪ 清潔やし、広々としてるし。
エントランスからしてええわ~。こんな中庭もあるし♪

だいたいどこのゲストハウスにもエアコン有とエアコン無の部屋があんねんけど
旅する若者は、エアコンなし!水シャワー!の安い部屋を利用する方が
多いみたい。
(値段の差は倍くらい。って言っても、500円とか1000円の差やけど)

東南アジアを長期旅行するには甘い考えやけど、
私は快適に過ごしてこそ、楽しい旅ができると思うねん♪


ホテルの快適さに、かなりごきげんになって、久しぶりに化粧しました~
東南アジアに入って初めて。


P1010020-1.jpg


街を散歩しながら、近くのワット・シーサケット寺院に行ってきた。


P1010008-1.jpg

最近、よく仏像を見るから、特に何も思わなくなってきたけど。


P1010030-1.jpg

近くに、その他の寺院もあったけど、
歩いてるだけでも、バテてしまう暑さやったから、行くのやめた。

ビエンチャン

5/6(水)

ホーチミンからビエンチャンまでの直行便がないから
プノンペンで乗換え。

ベトナム航空やったけど、今までで一番小さい飛行機やった。
一列が6席しかなかったけど、それでもガラガラやった。

飛行機はあっという間やなぁ。

ホーチミンからプノンペンまでは、一瞬やったもんなぁ
ここのところ、バスでの長距離移動やったから、余計そう感じた。

17時頃、ビエンチャンのワッタイ空港到着。


SANY0936-1.jpg


のどか~~ほんまにのどかなところやわ。

まず空港の小ささにびっくりしてん。
ビエンチャンってラオスの首都やのに、地方の国内線専用の空港?って思うほど。

人が、あんまりいない。。これまでの東南アジアとは一変して、静かで穏やかな街。

早速、メコン川へ行って屋台でご飯を食べることにした。


SANY0909-1.jpg



SANY0942-1.jpg


このメコン川の向こうはタイやねんで。すごくない?
大阪の淀川より、全然ちゃっちーねんもん。
川で遊んでたら、思わず密入国しちゃえるくらい。

タイとラオスは、ずっとメコン川に沿って国境になってるねん。
少し離れたところに橋があって、そこからタイへ出入国ができるようになってるねんて。
私らはこの橋を使わず、ラオスをこのまま北上して別の国境からタイへ入る予定。


ベトナム人

5/5(火)

明日、ベトナム(ホーチミン)から、ラオス(ビエンチャン)まで
飛行機で飛ぶことにしました。

ホーチミンから、ハノイまでバスで移動することも検討したけど
正直、あんまりベトナムを好きになれず‥ラオスへ移ることに。

フォー、生春巻き、食べ物は確かにおいしいし
雑貨とかも可愛いものが多くて、興味深い国やねんけど
なんとなくな~、人がうっとしいねんなぁ。



気分が乗らない時は、次へ行こう!次へ!ってノリでさっさ進んでこうかなと。
ってことで、ベトナムを北上せず、ラオスへ行きまーす。

ベトナムで食べたものはこんなの。


定番のフォー


SANY0883-1.jpg



私の大好きな、生春巻き


SANY0895-1.jpg


あんまり好きになれなかった、ベトナム人だけど
私を見て、「ベトナム人かと思ったー」っていう人が3人もいた。


バイクタクシー

5/4(月)

化粧品がなくなってきてしまったから、
DFSのあるホーチミンのメインストリート、ドンコイ通りにでも行こうかなと
タクシーを拾うのに通りで待ってたら、
日本語けっこう上手いバイクタクシー2人組が声かけてきた。
バイクタクシーはまだ乗ったことなかったから、初乗車!


SANY0856-1.jpg


タイも、カンボジアもバイクは多かったけど
ベトナムは、一段と多いわ。
カンボジアと違って、ヘルメットはちゃんと着用して、ちゃんと二人乗り。
(カンボジアはノーヘルで、5人乗りしてる人もいたよ!)
排気ガスが、ひどかったけどバイクは気持ちええなぁ~
バイクを2台並んで、べちゃくちゃ喋りながら走るねんで~。



SANY0852-1.jpg



そこそこの大きな交差点でも、信号がないとこはいくらでもあるし
車道に、自転車とか屋台までもが、同じように走ってるねん。
よくぶつからんなぁって関心するわ。

SANY0855-1.jpg

これは、シクロって乗り物。乗ったことないけど。
だって自転車やもん。 それにバイクタクシーより高いねんで。
出番ないやろ?!

これは、チャイナタウン ↓

SANY0874-1.jpg


SANY0878-1.jpg

コーヒー豆が名産で、すっごい香りよかった!
けど、まぁまぁの値段なので、断念。


バイクで、いろんなとこを見れて楽しかった。




ホーチミンへ

5/3(日)

昨日、ツアーデスクでベトナム行きのバスを手配した。
デスクの人に聞けば、片道で入っても15日以内の滞在やったら、ビザはなくてもOKやって。
ホンマかな‥。

バスは、ええバスやった(満足!)
出発してすぐに、バスのガイドがパスポートを集めに来た。

カンボジア~ベトナムの国境越えは、前回とちょっとだけ違ってた。

ボーダーに近づいて、
カンボジア出国時はまず、「荷物は持たなくていいからバスから全員出て~」って
指示があって、出たら今度はカンボジアの出国審査員が束になってるパスポート持って、
バスの出入り口に立って順番に名前を呼ぶねん。
呼ばれたらパスポートを渡されて、またバスの中に戻って、
パスポート見たら、ちゃんと出国印が押された。
簡単な、出国やな~。
ま、ラクでスムーズやから、嬉しいけど。

SANY0843-1.jpg


ベトナムに入国ん時も同じようなもんやった。
ビザもいらんかった。よかった~。ホッとした。。
バスの中の一人が入国でけへんから、プノンペンに帰されるハメになってたよ。。
理由までは、わからんかったけど。(何でやってんやろ‥)

ま!とにかく無事に入国できて、ホンマよかった。


ベトナム・ホーチミンに着いたのは14:30

街がキレイに見える。人がキレイに見える。
カンボジアとは全然違うわ。
タクシードライバーに声はかけられるけど、
カンボジアの必死さとは、全然違うわ。



キリングフィールド

5/2(土)

日差しが強い! ちょっと焼けてきたな~。

今日は、ツアーデスクに申し込んでキリングフィールドに行ってきた。
ここは、ポルポト派によって、虐殺が行われた場所。

塔の中には、頭蓋骨が山積みにされてた‥


SANY0829-1.jpg




SANY0831-1.jpg


ただの公園みたいけど、たった30数年前に、約2万人の人が殺された広場やねん。
想像でけへんくらい、恐ろしい‥
頭蓋骨とか、剥ぎ取られた服がそのまま残ってるねん。


カンボジアっていう国は、色んなことを思わせる。
地雷や貧困は、今なお続く現実なんやもんな。





ヒルトン‥め

5/1(金)

ヒルトンでプノンペン行きのバスの手配したら、
また、わけわからんことなった!

ノーマルバスより値段の高い、VIPバスのチケット買ったのに
どう見ても、おんぼろ砂ぼこりのノーマルバスやし。
適当な対応されて、乗るはずやったバスに乗り遅れるし!

もうーー、朝から、イラっ~~“{

まーこんなこともあるか‥
これも経験と思おう。うんうん。


プノンペンまで6時間。


にぎやかな町やわ。
で、人が多い。車もバイクも多いのに、信号なんてほとんどないから
クラクション鳴りまくり。

歩いてても、ご飯食べてても、トゥクトゥクのドライバーや物売りが
寄ってきてはしつこいから、ゲストハウスの中以外は、
ゆっくりでけへん。
カンボジアの人は、勢いが違うねん!

ちょっと喋ったら、めっちゃ笑顔やから
不思議に嫌なカンジせーへんねんけどな。

ほんま、エネルギッシュな町やわ。


SANY0806-1.jpg

これは途中のバスストップで撮ったの。
食べ物やおみやげを売る屋台もいっぱい。

プロフィール

mayumiza

Author:mayumiza
ただ今大好きな旅行はお休みし、昨年12月に誕生した
可愛い娘と過ごす何気ない毎日を満喫中☆
初めての育児に奮闘しながら、楽しい日々を送ってまーす。

FC2カウンター
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。