スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブッタパーク

ビエンチャンにて、ビザ取得完了!

通常、有料のビザ申請費が6/4まで無料やから、
大使館には人がいっぱいやった! 一日1000人近く申請に来るとか‥。
整理券まで配ってたからな~。


さて、ビエンチャンは雨季に入ったせいか、
前回来たときより日差しも弱くて、少し涼しい。

ええカンジや~。


暑かったら、トゥクトゥク使ってたところやけど
過ごしやすい気温やったから、ローカルバスを利用してブッタパークへ行ってきました。


SANY1470-1.jpg

P1010494-1.jpg


広くない園内に、仏像がいっぱいあるだけやねんけど、なんか面白かったよ。


ビエンチャンで3日間のんびりできたので、疲れもとれましたが、

またこの後、タイ南部までの長距離移動が待ってます。

スポンサーサイト

船旅

5/18(月)~5/19(火)

ルアンパバーンから、タイの国境フエイサイまではメコン川を船で移動することに。
途中、パークベンに立ち寄る1泊2日の船旅。


SANY1272-1.jpg


SANY1278-1.jpg


全然、立派な船ちゃうよ~。2日の合計20時間もこの船の中で過ごすねんで。

景色を楽しむのは始めの5分だけ。
ずっと同じ景色やもん。

座り心地の悪いイス。
寝るにも寝にくいし、かなり疲れた~。

しかも、雨が降ったり強風が吹いたら、船が揺れるし
船酔いは大丈夫やったけど、転覆するんちゃうかな?って
ヒヤヒヤしたわ。


朝の8時半に出発して、パークベンに着いたのは18時半。
ここでは、ものすごいとこにに泊ったよ。
値段は280円くらい!ゲストハウスってより掘建て小屋やったな。


網戸とカーテンはあるけど、よく見たら肝心の窓ないし。
10時過ぎに停電?って思ったら、そのまま朝まで電気はつかんかった。
(夜の6時から10時までしか電気が通ってないんやって)


次の朝、同じく8時半にパークベンを出発して
19時を過ぎて、ようやくフエイサイに到着。

やっと着いた!!

こんな船で移動って、なかなかおもしろかったけど
私はもう2度と乗らんな~。
バス移動より、はるかにしんどかった。

ルアンパバーン

5/16(土) 

バンビエンからルアンパバーンへバスで6時間をかけて移動。

ルアンパバーンは町そのものが、世界遺産に登録されてるねん。
町に寺院が80くらいあるらしい。
私らのゲストハウスの目の前にも、1つあった。

だから、首都のビエンチャンに比べたら、ルアンパバーンの方が
はるかに栄えてる。
お洒落で、新しい気なレストランもゲストハウスもいっぱいあるし。

寺院以外にも、少し離れたところに滝壺があって、泳げたりもできるらしいし
ゾウとたわむれるツアーもあるねんで。

私、そのゾウとたわむれるツアーにビビッてきてんけど
高いし、時間もないし、今回は断念することにしました。


P1010206-1.jpg

SANY1243-1.jpg


いくつか寺院を回って、屋台でルアンパバーンのカオソイを食べた。


SANY1183-1.jpg


SANY1186-1.jpg

ちょっと辛かったけど、おいしかった。

P1010201-1.jpg

日中は、日傘のつもりで雨傘さすくらい、日差しが強いねんけど
夕方ごろには毎日スコールが降ってたな。

SANY1190-1.jpg

どしゃぶり。屋台で雨宿り。

チューブ下り

5/14(木) 

バンビエン名物、ソン川でのチューブ下りに挑戦。

トゥクトゥクで上流まで20分くらい連れて行ってもらって
チューブ(浮輪)を渡されて、スタート。


SANY1078-1.jpg


流れは緩やかやし、足が着くほどの深さしかないから
スピードやスリルは全然なくて、少しずつ流されながらただプカプカ浮いてるだけ。
でも、これが気持ちいいねん。


SANY1089-1.jpg


大きな山に囲まれて、景色も最高。
ビール片手に浮いてる人も、寝てる人もいるし。


SANY1122-1.jpg

途中にいくつか音楽ガンガンに流れて盛り上がってるBARやジャンプ台があるから
そこへ立ち寄って、遊んだりできて、
休憩したら、またmyチューブでプカプカ下って行くねん。

なんか、そういう雰囲気も楽しくてよかったなぁ。

4時間かかって、ようやくゴール。
最後は、天気が曇ってきて寒くなってきたから
ちょっと早く帰りたいモードになったけど、
このチューブの旅は、かなりおもしろかった。


同じコースをボードで1時間ほどかけて回るのも、昨日やってみてんけど
それもまた、爽快でよかった。


SANY1077-1.jpg


SANY1069-1.jpg


ボートとチューブの人がすれ違う時は、手を振るねん。
平和なカンジよね~


バンビエンは今日が最終日。
6日間のんびりできました。


バンビエン

5/10(日)

ビエンチャンからバンビエンは北へ3時間ほど。

バスターミナルから、どこのゲストハウスも近い。
街の端から端は、ゆっくり散歩しながら歩ける距離。
そんな小さな田舎街やった。

SANY0952-1.jpg


バンビエンは見所は、特になんもないねん。
ソン川で、遊ぶことだけ。
チューブ下りとかできるみたいやけど、とりあえず川でのんびりすることにした。


SANY1018-1.jpg



自転車で、水着で川に向かって、、なんか
夏休みに田舎のおばあちゃんの家に遊びに来たみたいな感じ~。
(そんなん、したことないけど‥)
バンビエンって日本の昭和とか、田舎とかの雰囲気そのままやもん。
だから、めっちゃ落ち着くし、なんか懐かしい気がすんねんな~。

欧米のリゾート地とは違う、心地良さがあるわ~。


SANY0957-1.jpg

P1010127-1.jpg


ソン川は、キレイではないけど、冷たくて気持ちいい。


地元の子が、シャンプーしだした。

SANY0970-1.jpg


SANY0998-1.jpg


‥と思ったら、洗濯しだした。それも、けっこう本格的。

もちろん、野菜も洗ってたし、川で魚を獲って、その場で焼いて食べてた。
私らが、アウトドア♪って言ってやることが
バンビエンの人にとっては生活そのものやねんな~。
 

SANY0985-1.jpg


バンビエンはこんな風に寛げるレストランってか食堂が多い。
ゴザが敷かれてあって、上に扇風機があって、これも、日本の「海の家」を思い出す。

欧米人が多いせいか、洋風のメニューも豊富。

東南アジアを周遊してる外国人にとって、ラオスはちょっと一休みするところかも‥

見所もないから、特に何をするわけでもないけど
だからこそ、なんかゆっくり滞在したくなるんやわ。


プロフィール

mayumiza

Author:mayumiza
ただ今大好きな旅行はお休みし、昨年12月に誕生した
可愛い娘と過ごす何気ない毎日を満喫中☆
初めての育児に奮闘しながら、楽しい日々を送ってまーす。

FC2カウンター
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。